スケジュール

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「MLB」の51件の記事

2018年5月27日 (日)

2018/5/2 シンシナティ旅行6日目

この日も朝から快晴。雨が降った場合の動物園の予備日にしていたので昼間は特に予定なし。市内マップを見てみたらシンシナティ美術館が入館無料らしいので行ってみる事にしました。特に美術に興味無いんだけど。11時開館なので10時半頃のバスに乗り、坂道を登って丘の上の美術館に15分くらいで到着。入口近くにはなぜかピノキオの銅像が。開館前だけど10人くらい人がいました。開館と同時に中に入ると、荷物は持ち込めないらしく、記帳してロッカーにバッグを預けます。工芸品や陶磁器、絵画など見た事あるような無いような美術品。日本の陶器や像とかもありました。美術好きな人なら1日かけて回れそうなくらいの作品点数があったけど、1時間くらいで見終わってしまった。

Img_9664

Img_9663

Img_9670


Img_9677


Img_9679


Img_9684


Img_9689


Img_9695

Img_9682

やっぱり芸術はよくわからんなーと思いながら歩いていたら、何か音が聴こえてくる部屋が。中に入ってみると周囲の壁4面に9つの画面があり、各画面にはギター、ピアノ、ドラム、バイオリンなど楽器を演奏する人達が。全員の演奏が合わさって1つの曲になっています。Ragnar Kjartanssonという監督の「The Visitors」という64分のビデオでした。長丁場なので、途中ワイン飲んだり葉巻吸ったりずっと湯船に浸かってる人もいたり、日本人には無い自由な感覚。結末が知りたくてずっと見ていたけど、実は全員同じ建物の中にいて、最後は全員で歌いながら外に出て歩いて去っていきます。音楽も映像もシガーロスみたいでずっと見ていられました。この部屋に入ってくる人もぱらぱらといたけど、だいたいすぐに出て行くのでほぼ独り占め。結局2時間くらいこの部屋にいました。贅沢な時間だった。

またバスでダウンタウンに戻り、シンシナティ名物というチリを食べにスカイライン・チリというお店へ。ファーストフードっぽいけど、一応ウェイターが席にメニューを聞きに来るスタイルです。3wayが基本でスパゲティにチリとチェダーチーズをのせたタイプ、4wayは+豆か玉ねぎ、5wayは+豆と玉ねぎです。アメリカは量が多そうなので3wayのsmallにしたら本当に小さくてお子様サイズだった…。そしてなぜか無味のクラッカーが付いてくる…。味は特に辛いわけでもなく、見たままの味というか。ウェイターありなのでチップ必要なのかもしれないけど、よくわからないのでレジで規定の料金だけ払って出ました。デザートにグレーターズでチョコチップアイス。チリもアイスも4ドルちょっとです。チリが安いのかアイスが高いのか。

Img_9704


Img_9710

ホテルで休んでから野球場へ。この日は一塁側ベンチ後方の最前列。試合前に自ら客にサイン書いたり話しかけたりサービス精神旺盛なおじさんがいるなーと思ったらリグルマン監督代行でした。先発はカスティーヨ対MILデビューの左腕ウェイド・マイリー。ロースコアながら点差以上に終始押され気味。イエリッチの決勝ホームランでブリュワーズが3ー1で勝利。ホームで3連敗て…。ヴォトーという名選手がいながら悲しいかなこれが再建中のチームの弱さ。グランドレベルだと一塁に駆け込む選手の表情や声が聞こえてきて臨場感があるけど、試合全体を見渡すには前日のホーム裏3階席の方が見やすかった。三日間ずっと気温高くてナイター日和でした。続く。

Img_9727


Img_9721


Img_9720


Img_9729


Img_9734


Img_9731

2018年5月26日 (土)

2018/5/1 シンシナティ旅行5日目

この日も朝から快晴。オハイオ川を越えてニューポート水族館へ。バスでも行けるけど歩いて行きました。レッズの球場前を通ってテイラー・サウスゲート橋を渡って30分くらい。魚類、爬虫類、両生類、いろいろいました。アリゲーターがものすごくデカくて、顔だけで1メートルくらいありました。作り物なのかと思うくらい全く動かなかったけど、他を見てから後で戻ってみたらものすごくゆっくり動いていました。今まで行った水族館ってだいたい1時間くらいで見終わってしまったけど、ここはなかなか見応えがあって2時間以上かかりました。ウミガメの優雅な泳ぎが素敵。

Img_9603

Img_9502


Img_9506


Img_9521


Img_9523


Img_9587

Img_9468


Img_9467


Img_9457

近くのFive Guysというお店でハンバーガー。最初にトッピングを指定してそれから作るのでおいしいけど、ポテトとドリンク付けて13ドルもする。ポテトは紙コップ、ハンバーガーは銀紙に包み、安っぽい紙袋に入れた安っぽい作り。ポテトはマックの方が好き。それにしてもアメリカの乗り物やお店の中は、デブが多いせいかものすごくクーラーが効いてて少し寒いくらい。

Img_9596

ホテルで休んでから野球場へ。この日はホームベース後方の3階席。先発はここまで勝ちの無いエース、ベイリー対チェイス・アンダーソン。初回、ショウとアギラーのホームランで先制されるが、ヴォトーのタイムリーとスアレスの2ランで追いつく。中盤に点を取り合い8回裏6ー7で一死一三塁のチャンスを作るがジェフレスに5アウトを取られ、7-6でブリュワーズの勝利。今日も1点差で最後まで見応えありました。この角度で見るとセーフティバントや盗塁など動きのあるプレーに迫力を感じます。ハミルトンが一塁から三塁へ走るスピード感はやっぱり凄かった。ホームランの軌道も美しい。今日もずっと気温高くて気持ち良かった。帰りにヴォトーのTシャツ買いました。続く。

Img_9625


Img_9636


Img_9638


Img_9653


Img_9654

Img_9657

2018年5月25日 (金)

2018/4/30 シンシナティ旅行4日目

今回の旅行の最大の目的であったナショナルのフェスが終わってしまったので、残りはのんびり過ごします。この日は朝から快晴。9時半頃のバスに乗ってシンシナティ動物園へ。市内は1.75ドルだけど小銭無いので2ドル入れる。バスはお釣り出ません。やっぱりバスに乗っているのは黒人ばかり。30分くらいで着きました。敷地内は柵に囲まれているけど、入口がよくわからないのでとりあえずすぐにバスを降りたら結局入口まで半周くらい歩いた…。シアトルもそうだったけど、周りは住宅地で何もありません。ヒューストンは公園の中にあったけど。チケットはあらかじめネットで取っておいたので、入口でスマホの画面をスキャンしてもらいます。中の広さや動物の種類もシアトルやヒューストンと同じくらいで、5時間くらい歩き回りました。ここの目玉はマナティらしく3頭見かけました。思ったより大きくなかったのでまだ子供だろうか。だいたい一通りの動物はいるけどハイエナは初めて見たかな。ホワイトタイガーをはじめ、猛獣系はやっぱりだいたい寝てました。一昨年日本でもニュースになりましたが、堀に落ちた3歳児を引きずったゴリラが射殺されてしまった所です。そんな事件があったようにも見えず、子供が落ちないような対策も特にされていませんでした。下を見ると4、5メートルはあったので、ここから落ちて無事だったのが不思議。

Img_9261


Img_9262


Img_9276

Img_9272

Img_9293

Img_9314


Img_9357

Img_9379


Img_9385

Img_9378

Img_9387


Img_9400

ホテルへ戻って少し休んでから、シンシナティ・レッズの本拠地、グレートアメリカンボールパークへ。ホテルから歩いて20分くらい。球場の外には往年の選手たちの銅像がいろいろあります。ピート・ローズくらいしか知らない…。7時試合開始だけど、試合の中盤くらいまで昼間のように明るいです。今回はミルウォーキー・ブリュワーズとの3連戦。今は特に贔屓のチームは無いけど、とりあえずホームのレッズを応援します。ブリュワーズのレギュラー選手はだいたいわかるけど、レッズの選手はヴォトーとハミルトン以外はよく知りません…。この日の席は3塁ベンチの上で前から3列目。ベンチに戻ってくる選手の顔がよく見えました。先発は左腕フィネガン対新加入のベテラン、チャシーン。3回までは両チーム無得点で、中盤は点の取り合いになり7回表まで6-5でブリュワーズがリード。7回裏一死から登板した元HOUのプロスペクトで快速左腕ジョシュ・ヘイダーが1四球を挟んで残り8アウトを全部三振という快投。見てる時は気が付かなかったけど。そのまま6-5でブリュワーズの勝利。ヴォトーはノーヒットながら2四球1死球と出塁鬼ぶりを発揮。打席でも守備でも、やっぱり他の選手には無い雰囲気がありました。試合が終わったのは11時頃だったけど、20℃くらいあったのでずっと半袖でナイター日和でした。懐かしい感じの雰囲気で良い球場です。やっぱり野球場は屋根無しが良い。続く。

Img_9404


Img_9613


Img_9616

Img_9413


Img_9415


Img_9429

2017年7月12日 (水)

7/11 AL 2-1 NL @Marlins Park

アルチューベ、スプリンガー、コレア、カイコル、マッカラーズ、デヴェンスキー(カイコルの代替)、
とアストロズ史上最多の6選手が選出された第88回MLBオールスターゲーム。

先発はマックス・シャーザー対クリス・セイル。
野手では1二アルチューベ、4左スプリンガー、5遊コレアと主力でスタメン。

5回表、サノーのタイムリーでALが先制。
6回裏、モリーナのソロで同点。
10回表、カノーが勝ち越しMVPホームラン。

アストロズ勢はアルチューベが投ゴロ、空振り三振。
スプリンガーが空振り三振、空振り三振、中フライ。
コレアは中ライナー、空振り三振、とトータル7ー0、4K。
デヴェンスキーは8回に7番手で登板。
インシアーテを一ライナー、ヴォトーを空振り三振、ベリンジャーを二ゴロと三者凡退。
おつかれさまでした。

2016年6月10日 (金)

2016 MLB draft

ここ数年はアストロズにとって年間最重要イベントであったドラフト会議。
昨年の飛躍のおかげで、今年最初の指名は全体17番目です。

1巡目に指名にしたのは、地元テキサスの高校生右腕、フォレスト・ウィトリー
97マイルの速球と持ち球はカーブ、スライダー、チェンジアップ。
高校生にして完成されたようなどっしりした下半身。
HOUの投手レベルなら4、5年後にはエースになれる!

2巡目全体61位で指名したのはオハイオ州立大学の右投左打外野手、ロニー・ドーソン。
野球よりフットボールが向いてそうな体格。
パワーとスピードを兼ね備えてるようですが、シングルトンにしか見えない、、、

1巡目指名選手
1. Phillies Mickey Moniak OF La Costa Canyon HS (CA)
2. Reds Nick Senzel 3B Tennessee
3. Braves Ian Anderson RHP Shenendehowa HS (NY)
4. Rockies Riley Pint RHP St. Thomas Aquinas HS (KS)
5. Brewers Corey Ray OF Louisville
6. Athletics A.J. Put LHP Florida
7. Marlins Braxton Garrett LHP Florence HS (AL)
8. Padres Cal Quantrill RHP Stanford
9. Tigers Matt Manning RHP Sheldon HS (CA)
10. White Sox Zack Collins C Miami
11. Mariners Kyle Lewis OF Mercer
12. Red Sox Jason Groome LHP Barnegat HS (NJ)
13. Rays Josh Lowe 3B Pope HS (GA)
14. Indians Will Benson OF The Westminster Schools (GA)
15. Twins Alex Kirilloff OF/1B Plum HS (PA)
16. Angels Matt Thaiss C Virginia
17. Astros Forrest Whitley RHP Alamo Heights HS (TX)
18. Yankees Blake Rutherford OF Chaminade Prep HS (CA)
19. Mets Justin Dunn RHP Boston College
20. Dodgers Gavin Lux SS Indian Trail HS (WI)
21. Blue Jays T.J. Zeuch RHP Pittsburgh
22. Pirates Will Craig 3B Wake Forest
23. Cardinals Delvin Perez SS Int'l Baseball Academy (P.R.)
24. Padres (Justin Upton) Hudson Sanchez SS Carroll HS (TX)
25. Padres (Ian Kennedy) Eric Lauer LHP Kent State
26. White Sox (Jeff Samardzija) Zach Burdi RHP Louisville
27. Orioles (Wei-Yin Chen) Cody Sedlock RHP Illinois
28. Nationals (Jordan Zimmermann) Carter Kieboom SS Walton HS (GA)
29. Nationals (Ian Desmond) Dane Dunning RHP Florida
30. Rangers (Yovani Gallardo) Cole Ragans LHP North Florida Christian HS (FL)
31. Mets (Daniel Murphy) Anthony Kay LHP UConn
32. Dodgers (Zack Greinke) Will Smith C Louisville
33. Cardinals (John Lackey) Dylan Carlson OF Elk Grove HS (CA)
34. Cardinals (Jason Heyward) Dakota Hudson RHP Mississippi State

2016年3月29日 (火)

2016 MLB 順位予想

去年の予想では両リーグのMVPとナ新人王を的中しましたが、それ以外はさっぱりでした。
今年も順位と、MVP、サイ・ヤング賞、新人王、本塁打王を予想してみます。
去年はまさかのサイ・ヤング賞カイコル、新人王コレアだったので、今年は願望込みです。
今年もア東はさっぱりわかりません。

ア東
1.TB この地区では一番先発が安定しそう。
2.TOR 小さなエース・ストローマンがブレイクしそう。
3.NYY KCのブルペン再現なるか。
4.BOS プライス以外は計算できなそう。
5.BAL 2桁勝てそうな先発が見当たらない。

ア中
1.CLE リーグ最強の3本柱にブルペンも盤石。
2.MIN ギブソンとサノーはタイトル争いに加わってきそう。
3.KC もういいんじゃない。
4.CWS セイルとアブレイユ以外がパッとしない。
5.DET 去年もあの戦力で最下位だったし。

ア西
1.HOU ぶっちぎる!!
2.SEA 新GMが前任者よりだいぶ有能そう。
3.TEX 故障者多そう。
4.LAA 今年も怖いのはトラウトだけ。
5.OAK 魅力のないチームになってしまった。

MVP カルロス・コレア
CYA コリン・マキュー
ROY A.J.リード
HR ジョージ・スプリンガー

ナ東
1.WSH 今年こそストラスバーグ。
2.NYM 最強先発トリオが3人ともうまくいくとは思えないけど、プレイオフは堅いか。
3.PHI 良い若手がたくさん出てきそう。元HOU組、がんばれ。
4.MIA スタントンがフル稼働しそうな気がしない。
5.ATL 数年前のアストロズのような暗黒期。

ナ中
1.STL モリーナが130試合くらい出られれば、やっぱり強い。
2.CHC すごい打線だけど、先発に若干不安が。
3.PIT 上2チームが強すぎるとしか。
4.MIL レッズよりはマシ。カーターとサンタナ、がんばれ。
5.CIN 数年前のアストロズその2。

ナ西
1.SF やっぱり隔年チームですから。
2.SD 選手個々の能力は高い。
3.LAD 先発2番手以降が不安。
4.ARI グレインキーは大金手にしてやる気なくなりそう。
5.COL アレナドとマギーくれ。

MVP ブライス・ハーパー
CYA スティーブン・ストラスバーグ
ROY コリー・シーガー
HR ランドール・グリチック

2015年7月15日 (水)

2015 MLB オールスター AL 6-3 NL @Great American Ball Park

先発はカイコル対グレインキー。

オールスターの先発とは。すごい成長だ、カイコル。
初回はマッカーチェンを一ファールフライ、フレイジャーを三ゴロ、ハーパーを三ゴロ。
2回はゴールドシュミットに三安打とドナルドソンの暴投で二塁へ。
ポージーを遊ゴロ、リゾを一ゴロ、ペラルタに右安打で1失点。ピーダーソンを空振り三振。
2回31球2H1K1失点(自責0)

8番二塁スタメンのアルチューベは
2回二死走者なしで二ゴロ、4回二死一三塁で二ゴロ。

初回先頭打者ホームランのトラウトが2年連続MVP。
ホームランは他にドージアとマッカーチェンがソロ。

NLの15奪三振はオールスター最多記録。
5番手デグロムは10球で三者三振。
8番手チャップマンは14球中12球で100マイルオーバーの三者三振。

来年はきっとコレアもこの舞台へ。

2015年6月 9日 (火)

2015 MLB Draft

1日目は2巡目まで計75人を指名。
上位3人が全員ショートという珍しい年。

アストロズは2位で前評判どおりアレックス・ブレグマンを指名。
ペドロイアに例えられてるけど、小柄だなー。1巡目にしては何か物足りない、、、
まあ、小柄と言えばアルチューベのような例もあるし、何が起こるかわからない。
コレアより年上だし、セカンドにコンバートか、今のマーウィン的なポジションに落ち着きそうな。




全体5位では、今年メジャーデビューしたプレストン・タッカーの弟、カイル・タッカー。
兄より素質は上らしいが、兄とはまた随分違う体型で。
細身で左打席から長打を放つ姿はピーダーソンみたいだ。
高校生なので長い目で見守りましょう。




全体37位では、上位指名を予想されていたのにここまで残っていた、マイク・キャメロンの息子ダズ・キャメロン。体型やフォームも父親に似てるし、アスリートタイプだろうか。黒人特有の身体能力を感じさせる。なんと、今年のドラフトプロスペクトトップ7のうち3人を指名成功。しかし、代理人がボラスなので多額の契約金を要求してくると噂されているため、ここまで指名されなかったようです。アストロズは今年ボーナスプールが最高額なので、チャンスはチャンスです。




全体46位でようやく投手を指名。20歳の右腕トーマス・エシェルマン。
持ち球はカーブとスライダーとチェンジアップで、ストレートは最速93マイルだけど、ストライクゾーンの左右に投げ分ける能力は高いようです。プロスペクト順位は98位と低めだったけど、何かルーノウの目に留まる物があったのでしょうか。




とりあえず、指名自体は大成功のドラフトだったのではないでしょうか。
あとは全員と契約できるかどうか、、、




Round 1
1. Arizona Diamondbacks: Dansby Swanson, SS, Vanderbilt
2. Houston Astros (failure to sign 2014 pick Brady Aiken): Alex Bregman, SS, LSU
3. Colorado Rockies: Brendan Rodgers, SS, Lake Mary HS, FL.
4. Texas Rangers: Dillon Tate, RHP, UC Santa Barbara
5. Houston Astros: Kyle Tucker, OF, H.B. Plant HS, FL.
6. Minnesota Twins: Tyler Jay, LHP, Illinois
7. Boston Red Sox: Andrew Benentendi, OF, Arkansas
8. Chicago White Sox: Carson Fulmer, RHP, Vanderbilt
9. Chicago Cubs: Ian Happ, OF, Cincinnati
10. Philadelphia Phillies: Cornelius Randolph, SS, Griffin HS, GA
11. Cincinnati Reds: Tyler Stephenson, C, Kennesaw Mountain HS, GA
12. Miami Marlins: Josh Naylor, 1B, St. Joan of Arc HS, Ont.
13. Tampa Bay Rays: Garrett Whitley, OF, Niskayuna HS, NY
14. Atlanta Braves: Kolby Allard, LHP, San Clemente HS, CA
15. Milwaukee Brewers: Trenton Clark, OF, Richland HS, TX
16. New York Yankees: James Kaprielian, RHP, UCLA
17. Cleveland Indians: Brady Aiken, LHP, IMG Academy, FL
18. San Francisco Giants: Phil Bickford, RHP, College of Southern Nevada
19. Pittsburgh Pirates: Kevin Newman, SS, Arizona
20. Oakland Athletics: Richie Martin, SS, Florida
21. Kansas City Royals: Ashe Russell, RHP, Cathedral HS, IN
22. Detroit Tigers: Beau Burrows, RHP, Weatherford HS, TX
23. St. Louis Cardinals: Nick Plummer, OF, Brother Rice HS, MI
24. Los Angeles Dodgers: Walker Buehler, RHP, Vanderbilt
25. Baltimore Orioles: D.J. Stewart, OF, Florida State
26. Los Angeles Angels: Taylor Ward, C, Fresno State
27. Colorado Rockies (for losing Michael Cuddyer): Mike Nikorak, RHP, Stroudsburg HS, PA
28. Atlanta Braves (for losing Ervin Santana): Mike Soroka, RHP, Bishop Carroll HS, AB
29. Toronto Blue Jays (for losing Melky Cabrera): Jon Harris, RHP, Missouri State
30. New York Yankees (for losing David Robertson): Kyle Holder, SS, San Diego
31. San Francisco Giants (for losing Pablo Sandoval): Chris Shaw, 1B, Boston College
32. Pittsburgh Pirates (for losing Russell Martin): Ke'Bryan Hayes, 3B, Concordia HS, TX
33. Kansas City Royals (for losing James Shields): Nolan Watson, RHP, Lawrence North HS, IN
34. Detroit Tigers (for losing Max Scherzer): Christin Stewart, OF, Tennessee
35. Los Angeles Dodgers (for losing Hanley Ramirez): Kyle Funkhouser, RHP, Louisville
36. Baltimore Orioles (for losing Nelson Cruz): Ryan Mountcastle, SS, Hagerty HS, FL

Competitive Balance Round A
37. Houston Astros (from Marlins): Daz Cameron, OF, Eagle's Landing Christian Academy, GA
38. Colorado Rockies: Tyler Nevin, 3B, Poway HS, CA
39. St. Louis Cardinals: Jake Woodford, RHP, H.B. Plant HS, FL
40. Milwaukee Brewers: Nathan Kirby, LHP, Virginia
41. Atlanta Braves (from Padres): Austin Riley, 3B, Desoto Central HS, MS
42. Cleveland Indians: Triston McKenzie, RHP, Royal Palm Beach HS, FL

Round 2
43. Arizona Diamondbacks: Alex Young, LHP, TCU
44. Colorado Rockies: Peter Lambert, RHP, San Dimas HS, CA
45. Texas Rangers: Eric Jenkins, OF, West Columbus HS, NC
46. Houston Astros: Thomas Eshelman, RHP, Cal State Fullerton
47. Chicago Cubs: Donnie Dewees, OF, North Florida
48. Philadelphia Phillies: Scott Kingery, 2B, Arizona
49. Cincinnati Reds: Antonio Santillan, RHP, Seguin HS, TX
50. Miami Marlins: Brett Lilek, LHP, Arizona State
51. San Diego Padres: Austin Smith, RHP, Park Vista Community HS, FL
52. Tampa Bay Rays: Chris Betts, C, Woodrow Wilson HS, FL
53. New York Mets: Desmond Linsday, OF, The Out-of-Door Academy, FL
54. Atlanta Braves: Lucas Herbert, C, San Clemente HS, FL
55. Milwaukee Brewers: Cody Ponce, RHP, Cal Poly Pomona
56. Toronto Blue Jays: Brady Singer, RHP, Eustis HS, FL
57. New York Yankees: Jeff Degano, LHP, Indiana State
58. Washington Nationals (failure to sign 2014 pick Andrew Suarez): Andrew Stevenson, OF, LSU
59. Cleveland Indians: Juan Hillman, LHP, Olympia HS, FL
60. Seattle Mariners: Nick Neidert, RHP, Peachtree Ridge HS, GA
61. San Francisco Giants: Andrew Suarez, LHP, Miami
62. Pittsburgh Pirates: Kevin Kramer, SS, UCLA
63. Oakland Athletics: Mikey White, SS, Alabama
64. Kansas City Royals: Josh Staumont, RHP, Azusa Pacific
65. Detroit Tigers: Tyler Alexander, LHP, TCU
66. St. Louis Cardinals: Bryce Denton, 3B, Ravenwood HS, TN
67. Los Angeles Dodgers: Mitch Hasen, OF, Plano HS, TX
68. Baltimore Orioles: Jonathan Hughes, RHP, Flowery Branch HS, GA
69. Washington Nationals: Blake Perkins, OF, Verrado HS, AZ
70. Los Angeles Angels: Jahmai Jones, OF, Wesleyan HS, GA

Competitive Balance Round B
71. Cincinnati Reds: Tanner Rainey, RHP, West Alabama
72. Seattle Mariners: Andrew Moore, RHP, Oregon State
73. Minnesota Twins: Kyle Cody, RHP, Kentucky
74. Los Angeles Dodgers (from Orioles): Josh Sborz, RHP, Virginia
75. Atlanta Braves (from D-backs): A.J. Minter, LHP, Texas A&M

2015年3月29日 (日)

2015 MLB 順位予想

開幕まで10日を切ったMLB。
今年は順位と、MVP、サイ・ヤング賞、新人王、本塁打王も予想してみます。
ナは3地区ともトップが抜きん出てるように見えるけど、アはどの地区も全くわからない。

ア東
1.TOR 投手陣に不安があるけど、ハッチソン、ノリス、サンチェスに期待。
2.BAL マチャドとウィーターズが戻ればそれほど戦力低下していない。
3.TB 投手陣が良いので大きく落ちなそう。
4.NYY A-RODがどれくらいやるのかだけ気になる。
5.BOS 計算できない投手ばかりだし、ラミレスとパンダは地雷な気がする。

ア中
1.CLE 去年のクリューバーに続いて、カラスコ、バウアー、サラザーがブレイクしそう。
2.KC 今年も守り勝つ。
3.MIN 野手は育ってきてるし、サンタナ、ヒューズ、ギブソンの3本柱は結構良さそう。
4.DET PHI化しそう。
5.CWS 的確な補強をしたっぽいけど、投手はセイル以外は不安がつきまとう。

ア西
1.OAK このチームが一番わからない。1位もあれば5位もありそうだけど、投手力が高い。
2.HOU カイコル、マキューに続きオーバーホルツァーがブレイク。そして打ちまくれ!
3.SEA クルーズは不良債権化するだろうけど、投手陣は良い。
4.LAA 去年は投打とも出来過ぎだと思う。
5.TEX ただでさえ最下位候補なのに、ダルがいないとは。

MVP ジョシュ・ドナルドソン
CYA カルロス・カラスコ
ROY アーロン・サンチェス
HR ジョージ・スプリンガー

ナ東
1.WSH 100勝するかどうかというレベル。
2.MIA 3人でMVP争いしそうな最強外野トリオ。
3.NYM ライトとグランダーソンが普通に打てば2位は狙えそうだが。
4.ATL まさかブレーブスがここまで落ちるとは。
5.PHI 100敗するかどうかというレベル。

ナ中
1.STL このチームの育成力と選手の見極めはすごすぎる。その上ヘイワードまで獲るか。
2.CIN ヴォトーとブルースが去年のような事がなければ。
3.PIT セルヴェリ次第だろうなー。
4.CHC 近い将来すごい打線になりそうだけど、まだ早い。
5.MIL 主力にケガ人が出ると一気に落ちそう。

ナ西
1.LAD 問題児がいなくなったし、ケンドリックの加入は大きい。
2.SD 元々投手陣は悪くないので、補強した野手陣がどれだけ打てるか。
3.SF やっぱり隔年チームですから。
4.ARI ゴールドシュミットとトランボのホームラン数くらいしか見所が無さそう。
5.COL この球場を本拠地にするチームは、投手と野手どっちに力を入れればいいんだろう。

MVP ブライス・ハーパー
CYA スティーブン・ストラスバーグ
ROY クリス・ブライアント
HR ポール・ゴールドシュミット

2014年11月16日 (日)

2014 日米野球 第3戦 JPN 4-0 MLB

Img_5142




2−0、8−4と日本の連勝で迎えた第3戦。今年日本で生で野球観るの初めてだ。めったに無い機会なので開場の3時頃に東京ドーム到着。オービットが外でパフォーマンスしてた。

Img_5141




やっぱり一際小さいアルチューベ。大人に混じった悪ガキにしか見えない。

Img_5275




今日も出場機会の無かったカーター。君、何しに来たの、、、
打撃練習ではソフトバンクの今宮が2球に1球くらいのペースでスタンドに叩き込んでた。

Img_5202




今日のスタメン
前日セカンドスタメンのアルチューベは今日はベンチ。

Img_5206




1〜3番は今年ニューヨークで観たゾブリスト、カノー、ロンゴリア。三塁側から観るとまた雰囲気が違う。

Img_5210

Img_5211

Img_5212




4番はナの首位打者モルノー。まだツインズのイメージが強いが。

Img_5216




5番はプイグ。打撃練習ではライナーでスタンドに叩き込んでた。

Img_5217




6番はKCのベネズエラ人捕手ペレス。

Img_5218




7番は30本塁打のデューダ

Img_5228




8番はアストロズのファウラー。外野手2人しかいないのでセンターでフル出場しそうな勢い。

Img_5229




9番は好守エスコバー。
この日も好守備を見せてくれた。これが一番の見せ場になってしまったが、、、

Img_5230




先発は、日本語ツイートで知名度アップの日系4世ガスリー

Img_5213




2回に坂本のツーラン

Img_5232




3回に中田のツーラン

Img_5219




打線は楽天の小さなエース則本に5回パーフェクト、西2回、8回牧田、9回西野にまさかのノーヒットリレー。試合も2時間半の淡白な試合に終わってしまった。

Img_5227

Img_5235

Img_5244

Img_5248

Img_5252




7回に西から死球を受けたカノーは右足小指骨折で残り試合欠場。史上最弱と語り継がれるであろう今回のMLBメンバーの中で、怪我も覚悟の上で来てくれた唯一の超一流選手カノーには感謝の言葉しかない。そのカノーの代走から出場のアルチューベは、9回の1打席も三振に終わる。残り試合はなんとか本来の姿を見せてほしい。

Img_5240

Img_5242

Img_5250




MLBで目に留まった選手は、4人を3Kに抑えたベリボーくらいか。

Img_5241




オービットもMJダンスとかがんばってたなー

Img_5203

Img_5233

Img_5236




もっと真っ赤にしたかったけど、まさかの黒一色に終わったスコアブック、、、
オールスターとは言えないまでも、メジャーでそこそこ強いチームくらいの打線だったのに。
次があるのかわからないけど、日本に勝つ気ならそれなりのメンバー揃えてこい!!

Img_5259

Img_5260




今後もメジャーに挑戦する日本人投手が後を絶たなそうだ。
何しろ年俸が1桁違うから。


より以前の記事一覧