スケジュール

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「日本ハムファイターズ」の6件の記事

2013年5月19日 (日)

5/18 横浜 対 日本ハム

横浜スタジアムへ。

相手が左腕・藤井なので、スタメンに大谷の名無し。

Img_2734

ネット裏24段

Img_2737

先発は藤井VS谷元

Img_2736

Img_2741

3回にアブレイユの12号2ランで先制

Img_2747

6回に杉谷の三塁打で1点追加するがその裏、
三冠王を取りそうな勢いのブランコ20号3ランで同点

Img_2743

アブレイユもブランコも42番。やはり黒人選手には特別な番号なのかと思って調べてみたら
Gボウカー、Dブラッドリー、Cバリントン、Tコンラッド、Hパディーヤ、とほとんど白人

8回に陽の5号ソロで勝ち越すが、その裏、石井が山崎に満塁走者一掃の二塁打を打たれ逆転負け。

Img_2762

ホームラン3本見れたし、そこそこ見応えもあったけど、なにしろ試合時間が長すぎる。
高校野球は2時間かからないのに、同じ競技で倍の時間がかかるって。せめて3時間以内にしないと。

今日も大谷は出番無し、、、

Img_2740


2013年5月 6日 (月)

5/5 西武 対 日本ハム

前日に大谷が一軍昇格し、即スタメン2安打したので、急遽チケットを取って西武ドームへ。
西武ドームは数年ぶりに来たけど、相変わらず遠い。
ネット裏25列目。

Img_2608

着くと、ちょうど大谷が打撃練習をする直前だった。

Img_2605

先発投手は、やっと本来の力が出てきた菊池雄星VS技巧派左腕・武田勝

Img_2610

Img_2614

左腕の菊池相手なので、大谷はスタメンに名前無し、、、

Img_2606

試合は2回に坂田の特大ホームランと、小谷野のホームへの返球が逸れ、西武が2点を先制。

Img_2624

菊池雄星は115球5H7K3BBで完封勝利。武田勝も完投するが援護無し。

Img_2634

それにしても、西武は毎年主力が抜けても自前で良い野手を揃えてくる。

ハーパーのような上段の構えから左右に打ち分ける、走攻守揃ったセンター・秋山翔吾

Img_2615

こちらも走攻守揃って長打力もある内野手・浅村栄斗

Img_2620

開幕から内外野で全試合スタメンの俊足両打ルーキー・金子侑司

Img_2625

金子誠はサードでスタメン出場するが併殺打に2三振。

Img_2619

中田はレフト前ヒット1本

Img_2626

大谷はライトのキャッチボールに出てくるのみで出場せず、、、

Img_2621

始球式の春日は、イニング間にも登場。

Img_2629

Img_2632

試合中、天井を飛んでるカラスが気になってたけど、鳩を襲撃し、鳩がグランドに落下して試合中断という珍しいシーンが2度あった。

Img_2628


2013年5月 4日 (土)

5/3 楽天 対 日本ハム

今日はデーゲームなので、午前中にホテルを出て、多賀城へ。
仙台駅から国府多賀城駅まで10分くらい。
駅の観光案内所でスタンプを押印。
強風の中、点在している跡地を1時間くらい歩き回ったけど、特に見所無し。
ようやく9城目。まだまだ先は長い。

Img_2407

Img_2408

一旦仙台駅へ戻り、今日は球場まで電車で行ってみる。
最寄りの宮城野原駅から球場までは歩いてすぐ。

試合終了後にグランドに入れる「社会人フィールド集合!チケット」で一塁側内野B席。

Img_2490

先発投手は美馬VS谷元

Img_2512

Img_2516

今日の主役はなんと言っても日ハムの4番・中田。
初回にレフトへ6号3ラン、3回にバックスクリーン左へ7号ソロ、5回にライト前ヒット、そして7回にはレフトへ8号ソロ。球場全体が大歓声で迎えた9回は、一発狙いで豪快に空振り三振。

Img_2509

Img_2549

右中間上方に設置された大型ビジョン。得点圏打率や出塁率も常時表示されていて便利。

Img_2536

ホフパワーは2試合連続の満塁ホームラン。

Img_2511

今日もノーヒットで、この3連戦10タコのAJ、、、

Img_2521

9回に一塁守備固めで出場、哀愁漂う金子誠。

Img_2545

今日はスタメンだったけど、ここ2年は不振の2009年の首位打者・鉄平。

Img_2544

2試合連続大敗に厳しい表情の星野監督。

Img_2514

今日は快晴だったので、試合開始時には半袖でもよさそうなくらい気持ち良かったけど、3時くらいになると一塁側は日陰になり、途端に寒くなる。マフラーと手袋必須。この時期、仙台でナイターは厳しい事を実感した。最低でもコートとニット帽は無いと、とても観ていられない。

Img_2548

試合終了後にはグランドを開放。

Img_2556

外野は一般客で、社会人は内野に集まり、2班に分かれて軟式球でノック。ノッカーは、去年現役引退し、今はアンバッサダーという肩書きの草野大輔。ノック受けるのなんて数年ぶりだけど、楽しかった。

Img_2550

人工芝の上に初めて立ったけど、歩くのにも軽い負担を感じる。やっぱり野球は天然芝だなー。

Img_2555

帰りの新幹線のホームで、子供が茶髪のシュッとした人にサインをもらっていたので、韓国のアイドルか何かかと思ったら日ハムの陽岱鋼だった。そういえば周りにはデカいスーツ姿の人達が。顔と名前が一致しないけど、一際デカい木佐貫はわかったので、サインをもらう事に。ちょうど昨日拾ったボールがあったけど、ペンが無いので、売店のおばちゃんに借りようとしたら、赤の太マジックしかなくて、しょうがないのでこれでサインしてもらう。なんか書きづらそうで、スイマセン。今年は木佐貫と日ハムを応援しよう。今夜移動で翌日は西武ドームでデーゲーム。プロ野球選手は大変だなー。

Img_2415

5/2 楽天 対 日本ハム

今日もナイターなので、昼頃ホテルを出て、2年くらい停滞していた100名城巡りを再開して仙台城へ。

仙台駅からバスで20分くらい。「仙台城跡南」まで250円。
この伊達政宗の騎馬像、なんか見た事あるような、、、
像の近くの小屋の管理人室でスタンプを押印。

Img_2396

少し下って仙台市博物館へ。伊藤若冲らの江戸絵画展と常設展で800円。こういう展示を見ると、歴史小説を読みたくなる。外にある、この像がかっこいい。

Img_2400

さらに下ると、唯一城の名残を感じられる大手門脇櫓。

Img_2404

帰りは徒歩で。駅まで30分くらい。
一旦ホテルへ戻り、少し休んで、また徒歩で球場へ。

今日は一塁側フィールドシート。グランドレベルなので、フライの時の野手のかけ声がよく聞こえる。

先発投手は

Img_2424

Img_2426

元阪神の上園VS元巨人の木佐貫。
上園は3回途中4失点でKO。新人王獲った1年目がピークだったなー、、、

この日は試合開始直前に小雨がぱらついていたけど、試合中はなんとか降らず。
マフラーと手袋をしていたけど、じっとしていられない寒さ。
試合展開もぱっとしないし、途中で帰ろうかと思ったけど、なんとか寒さに耐えていると、
9回にホフパワーがとどめの満塁ホームラン。

Img_2451

4番・中田は3安打1打点。

Img_2428

楽天唯一の得点は、稼頭央のタイムリー。同学年選手も残り少なくなってきた。

Img_2464

Img_2450

AJは今日もノーヒット。

Img_2466

今日のヒーローは、7回途中まで1失点で3勝目の木佐貫。

Img_2476

Img_2477

客も帰り始めた終盤のイニングの合間に、ボールが飛び込んできたのでゲット。
見てなかったけど、汚れてるので練習用のボール?

Img_2406

5/1 楽天 対 日本ハム

10連休の中3日間にKスタ宮城へ野球観戦。
やっぱりアンドリュー・ジョーンズは見てみたい。

3時頃仙台駅に着くと、雨降ってる、、、
東口出てすぐのダイワロイネットホテルにチェックイン。
ここのエレベーターは、乗る度にカードキーを差し込まなければならないのでめんどくさい。
少し休んで雨も止んできたので徒歩で球場へ。
駅から突き当たるまで真っすぐ。20分くらい。

Img_2413

先着7,777人にマフラーを配布。マフラーは持っていかなかったので、かなり重宝した。

Img_2395

球場内に入ると、また雨が降ってきた。しかも、試合開始時間が近付くにつれ強くなってくる。
500円のポンチョを買い、覚悟を決めて席へ。
バックネット裏のゴールデンシートで、こんな眺め。

Img_2419

先発投手は

Img_2417

Img_2418

マーくんVS吉川の同級生エース対決。
初回に日ハムが4連打で1点先制するが、アウト3つは全て三振。
3回までノーヒットに抑えていた吉川は、4回に3被安打で同点に。
4回にAJの良い角度で飛んだ打球は、スタンドまで届かずレフトフライ。

Img_2420

パーカーにジャンパー着てたけど、とにかく寒い。その上雨降ってるし。
試合が始まってからは小雨だったけど、中盤になるとだんだん強くなってきて
これ以上いると風邪ひきそうなので、5回終了時に球場を出る。
ホテルに戻ると、6回に楽天がタイムリーとエラーで3点勝ち越してて、そのまま4−1で勝利。

コンビニの店員は楽天のユニフォーム着てるし、飲食店の店員は楽天の帽子被ってたり、街のあちこちに楽天のポスターが貼られてて、地域に密着してる印象を受ける。

2013年3月29日 (金)

大谷翔平プロ野球デビュー

去年途中からほとんど見なくなったプロ野球界に、今年は見たくなる選手が現れた。
投手と打者の二刀流というマンガのような夢に挑む日本ハムの高卒ルーキー、大谷翔平。
投手の方が即通用しそうに見えたけど、まさかの開幕戦から8番ライトでスタメン。

西武ドームで相手の先発は岸。

1打席目は0−2の3回表一死走者無し。1ストライクから2球連続ファール。4球目の内角ストレートに手が出ず見逃し三振。

2打席目は2−2の5回表無死走者無し。1ストライクからの2球目、内角高めボール気味のストレートを叩き、一塁線を破る二塁打。
「打ったのは高めの真っすぐ。見逃せばボールだったかも知れませんが、しっかり振り抜けました。打球が抜けたのは分かりましたが、その瞬間は初ヒットだというより1つでも先の塁へという思いの方が強かったです」

3打席目は3−2の6回表二死二塁。初球、外角高めのチェンジアップをライト前に運びプロ初タイムリー。
「チェンジアップでした。ストレートを狙っていましたが、高めに来た分、対応出来ました。大引さんにタイムリーが出て、その流れに乗って打てました」

4打席目は4−3の8回表一死一塁。投手は3番手の長田。1−2からの5球目外角のシュートに空振り三振。

5−3で日本ハムの勝利。

プロデビュー戦は4打数2安打1打点。18歳のプロデビュー戦でいきなり結果を出すとは、やはりただ者ではない。まだ線が細いし1年間保ちそうには見えないけど、結果が出なくても我慢して使い続けてほしい。そして投手としてはどんな起用をするのか。プロ野球の常識をブチ破ってくれ!今年は日本ハムの試合を観る機会が増えそうだ。