スケジュール

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2019/2/4 Teenage Fanclub @ Zepp DiverCity Tokyo | トップページ | 2019/3/11 Cloud Nothings @ TSUTAYA O-EAST »

2019年3月 3日 (日)

2019/2/20 Ringo Deathstarr @ TSUTAYA O-nest

リンゴ・デススターのライブを見に行くのは2014年3月の甲府以来2回目。今回は日本デビューから10年目の東名阪アニバーサリーツアーで「スパークラー」収録曲全曲演奏の第1部、過去10年のベスト曲を演奏する第2部の構成らしい。どちらかと言えばColour Trip全曲を観たかったけど…。この会場、階段が無いので6階まで5人くらいしか乗れないエレベーター2基しかなくて帰りに渋滞するとこや。開場の6時半少し前に着き、80番台で入場。左端の見晴らしがいい段差がある所で待つ。

開演の7時を5分くらい過ぎて前座のKaimy Plantsが登場。リンゴと同じ男2女1のトリオだけど、ドラムが女性。リンゴのようにシューゲとオルタナに強い影響を受けたようなロックですごくカッコよかった。30分で6曲くらいやって終了。

セットチェンジ中にメンバーが出てきて調整しだしてそのまま8時5分前にスタート。ギターのエリオットはプロレスラーのようなチッパー・ジョーンズのような体が大きくなったような印象。ベースのアレックスは相変わらずのスタイルと美貌で聖母のよう。ドラムのダニエルも特に変わらず。前情報どおり「スパークラー」を順番どおりに披露。リンゴは最初に聴いたのが「Gods Dream」でそこから遡って聴いていったのでスパークラーに特に思い入れがあるわけでもないので静かに見守る。間にエリオットがちょこちょこ話しながらも、スパークラーが終わると間をあけることなく”Frisbee”で後半スタート。ポップ、シューゲな「Colour Trip」の曲と、ラウドなオルタナ感全開の「Mauve」「Pure Mood」の曲群。スマパンとマイブラが同居してるような、とてもエリオット一人で出してるとは思えないギター音の分厚さと複雑な展開。カッコよすぎて熱くなった。アンコールはセトリでは2曲だったけど3曲やったような。思い出せない。ちょうど90分、9時25分に終了。今回も”Do you wanna?”やらなかったなー。

Img_2788


Img_2801

01. Swirly
02. Starrsha
03. Some Kind of Sad
04. Down On You
05. Sweet Girl
06. In Love
07. Summertime
08. Rats live On No Evil Star
09. Your Town

10. Frisbee
11. Big Bopper
12. Rip
13. Slack
14. Two Girls
15. Kaleidoscope
16. Chloe
17. Heavy Metal Suicide
18. Guilt
19. God's Dream
20. Never
encore
21. So High
22. Tambourine Girl

« 2019/2/4 Teenage Fanclub @ Zepp DiverCity Tokyo | トップページ | 2019/3/11 Cloud Nothings @ TSUTAYA O-EAST »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019/2/20 Ringo Deathstarr @ TSUTAYA O-nest:

« 2019/2/4 Teenage Fanclub @ Zepp DiverCity Tokyo | トップページ | 2019/3/11 Cloud Nothings @ TSUTAYA O-EAST »