スケジュール

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の2件の記事

2018年9月29日 (土)

2018/9/26 Spiritualized @ 新木場STUDIO COAST

12年のO-EAST以来6年ぶり3回目のスピリチュアライズド(以下、スピ)のライブ。この日は5時半に起きて仕事で小田原へ。昼頃終わったので小田原城を見学してから新木場へ。開場の6時5分前に着いたら人の少なさにびっくり。雨降ってたので軒下にちらほらいるだけで正面の広場には誰もいない。全部で200人くらいかも。この会場で開演時間にこんなに人がいないの初めてだ。サイン会の最中らしく開場時間になっても入場始まらず。先着で新譜買った人がサインもらえるらしい。ライブに来るような人はほとんど新譜買ってるだろうに、アイドル商法かよ。ずっと雨の中待たされ結局30分遅れでようやく入場が始まる。60番台だったけど人少ないので20番目くらいで入れました。ステージ右側に椅子が置いてあり、その正面の最前列が空いてたのでそこへ。たぶんジェイソンが座る椅子だろう。前回は左に座ってたけど。

開演の7時に日本のバンドTHE NOVEMBERSが登場。4人組で全員上下黒。最初の2曲くらいはポップで聴きやすい曲だったけど、中盤から疾走感と轟音が出てきてカッコよかった。30分ちょっとやって終了。

セットチェンジ後8時にスピ登場。ジェイソンの他はギター×2、ベース、ドラム、キーボードに黒人女性コーラス2人の計8人。前回より1人多い。半円状に並んでステージ中央はガラ空きという指揮者のいない吹奏楽部のようなフォーメーション。ジェイソンはやっぱり右端の椅子に座る。目の前や~!

1曲目は賛美歌のような”Hold on”の一節で静かにスタート。必殺の”Come Together”で一気に熱量が上がるが、以降は旧譜から穏やかで賛美歌のような神々しい曲が続き、たまに言うサンキュー以外言葉を発しないジェイソンは何も言わずに新譜の”And Nothing Hurt”全曲再現ライブに突入。全体的には穏やかな曲が多いけど、”On the Sunshine”、”The Morning After”ではスピの代名詞の1つであるノイズの洪水を堪能できた 。嫌な事や悲しい事があって穏やかな時間を取り戻したい人にはこのアルバムをお勧めしたい。最終曲”Sail on Through”が終わるとジェイソンはサンキューと言って去っていく。アンコールではスピ史上屈指の名曲”So Long You Pretty Thing”と女性コーラスが力強く響き渡る”Oh Happy Day”、最後はまた”Hold On”の弾き語りで終了。多幸感溢れる130分だった。これがラストアルバムという噂もあるので最後でも思い残す事は無いくらい素晴らしいライブだったけど、根っからのミュージシャンだからきっとまた戻って来ると信じてる。

01. Hold On
02. Come Together
03. Shine a Light
04. Stay With Me
05. Soul on Fire
06. Broken Heart
And Nothing Hurt:
07. A Perfect Miracle
08. I’m Your Man
09. Here It Comes (The Road) Let's Go
10. Let's Dance
11. On the Sunshine
12. Damaged
13. The Morning After
14. The Prize
15. Sail on Through
Encore:
16. So Long You Pretty Thing
17. Oh Happy Day
18. Hold On (Reprise)

2018年9月 5日 (水)

SUMMER SONIC 2018

1日目
今年は千葉みなとのホテルが取れたので、7時半頃の電車で出発し、千葉みなと駅まで行ってロッカーに荷物を預ける。毎年海浜幕張駅からマリンまで歩くだけで汗だくになるけど、今年は30℃なかったので汗かかなかった。例年マリンの正面入口の場所が今年はリストバンド引換所。グランドの入口でアメ没収された。ポケットに隠しとけばよかった。アメくらいいいじゃん、と思うけどルールだから仕方ない。相変わらずマリンはクソだぜ。中に入るとまだ人はまばら。ステージ左右のモニターが縦長になってた。

Img_1499


Img_1500

トップバッターのシャーロックス、カッコよかったぞ!こういうUKっぽいメロディーのストレートなギターロックは売れない時代になってしまったけど聴いてるぞ!真夏なのに長袖なのもUKバンドっぽい。
セットリスト

すぐにメッセへ移動。マウンテンで新人のPALE WAVES。ゴスメイクのわりに曲は普通という評判だったけど評判どおりだったでござる。終わると司会のブーちゃんが出てきて次のマーモゼッツはボーカルの体調不良で急遽キャンセルだって。ただでさえ予定スカスカなのに2時間もあいてしまった…。
セットリスト

お笑いステージで時間潰そうと思ったら今年無いのかよ。メッセ内フラフラしてなんとなく入った新人ステージで観たLaura day romanceっていう日本のインディーロックバンド結構良かった。ギター歪ませててマーモゼッツよりは好きなタイプだ。

マウンテンでThe Bloody Beetroots。モッシュとジャンプで盛り上がってたけど同じような曲調ばかりで飽きてきたので10分残して移動。観るつもりなかったけど少し気になっていたニック・ヘイワードを観にマリン横のビルボードステージへ。

Nick Heyward
一曲も知らないけどすげー良かった!コステロ系かな。センキュー、センキュー、とテンション高いおじさんだった。さっきのクラブミュージックよりこういう歌モノの方がテンションあがる。

Img_1505

ほとんど待ち無しのバスでソニックへ移動してThe Charlatans。
今年のメンツで単独でも観に行くレベルってシャーラタンズくらいなので今年一番の目玉。さすがの安定感だけど、50分って短過ぎだろ!あと2時間は観れるぞ。トリでもいいくらいだよ。見慣れたメンバーだけど、ドラムがスキンヘッドのオッチャンで違和感。そういえばもうジョンはいないのだった。R.I.P、ジョン・ブルックス。
セットリスト

Img_1508


次のそのままソニックでFriendly Fires。初めて観たけどやっぱり踊る系は合わなかった。なんでこれがシャーラタンズより後なんだ…。同じ50分でも興味ないやつだと長く感じる。

トリもソニックでTame Impala。ピッチフォークフェス以来1ヶ月ぶり2度目のインパラさん。最前で観れた。ピッチフォークフェスで後方から観たライティングもきれいだったけど、やっぱり演者が見えた方がライブ感ある。なんなんだ、この圧倒感と高揚感と色彩感とラスボス感とあといろいろ。今日のベストアクトと言わざるを得ない。トリ努めるのも納得です。
セットリスト

Img_1527


Img_1532

2日目
マウンテンオープニングのKnox Fortune。プロフィール見たらロン毛の兄ちゃんだったけど、坊主になってた。四人のオーソドックスなロックバンド。隣の奴のくしゃみが煩わしいし退屈なので途中抜け。

昼時は特に観るの無いのでメッセ内をフラフラしてなんとなく入ったレインボーで四人組アイドルPassCode。客のノリが最初宗教っぽいなーと思ったけど、だんだん楽しくなってきて気付いたら手拍子してて最後まで観てしまったw。ホルモン+パフュームな感じ。デス声担当の子ってそれっぽい顔してる。

マウンテンでWalk The Moon。陽気でキラキラしてて一体感があって苦手なノリだった。ボーカルの人は髪型が北斗の拳の雑魚キャラの雰囲気を醸し出してた。

ソニックでREX ORANGE COUNTY。Tシャツ短パンサンダルというアメリカンな出で立ち。名前からしてアメリカ人かと思ったらイギリス人らしい。軽快なメロディーにのせた歌声が心地良い。ギターとキーボードの曲半々くらいだったけど、どちらかと言うとキーボードの曲の方が良い感じ。ビーチステージが合いそう。外国人客多かったな。
セットリスト

Img_1548

ソニックに籠もる前に数年ぶりの佐世保バーガーで腹ごしらえ。今日ベストアクトになりそうなポルトガルだかポーチュガルだかザマンのTシャツ購入。1年目から毎年来てるけど、サマーソニックでTシャツ買ったの初めてかもしれん。

Img_1549

ジョルジャスミスとかいう人の時人多かったけどなんとか前の方に移動して、終わったらすっからかんで最前取れた。残り3つとも好きなバンドなので場所安泰。

Portugal. The Man
アルバム3枚しか聴いてないので半分くらいしかわからなかったけど、ライブだと結構音源と違うな。プログレのようなハードロックのような。church mouthってアルバムはカサビアンとかインパラのようなインディーロックっぽくて良かったけど。ピンクフロイドのanother brickやってたな。
セットリスト

St. Vincent
2,3年前のHCW以来2回目。前回は人間離れしたパフォーマンスに衝撃を受けたけど、今回もカッコよかった。ギターの弾き方がカッコいいんだよなあ。マシューベラミーのような華麗な指使い。右側で観たので表情よく見えなかったけど、なんでソニックのモニター左側しか無いんだ...
セットリスト

Paramore
パラモア観るも初めて。最初長めのジャケットのみ着てたけど、下からチラチラ見える赤いのはパンツなのか?2曲目で早くもジャケットを脱いで、Tシャツだけになりパンツおもいっきり見えててワカメちゃん状態。それからはずっとそのまま歌ってたけど、最後はTシャツをしばってパンツ丸出し。なんかパンツの話ばかりになってしまったけど、3rdまでの代表曲はめちゃくちゃ盛り上がってました。新譜も結構好き。
セットリスト

Img_1564

シャーラタンズくらいしかお目当てがいなかったけど、今年も2日間楽しめた。あまり暑くなく雨も降らず過去最高並みに過ごしやすかった。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »