スケジュール

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヒューストン・アストロズ 2017」の107件の記事

2017年8月 1日 (火)

辞めた

トレード期限ギリギリでTORリリアーノと青木+テオスカー・ヘルナンデスをトレード。
何だよ、それ。リリアーノとテオスカーの1対1でいいだろ。
外野手飽和状態で不要となった青木を押し付けたのは明らか。
だったら最初から青木取るなよ。青木にホームラン求めてないだろ?
青木は求められていた仕事してるだろ?
地区優勝確実なこの状況でこの仕打ち。
アストロズファンの前に、日本人だから、この扱いには我慢できない。
アルチューベを始め、選手たちには愛着があるけど、こんな冷徹ロボットクソGMが率いるチームを応援する気にはなれない。少なくともルーノウがいる間はアストロズファン辞めます。

FUCK OFF, JEFF LUHNOW

2017年7月31日 (月)

7/30 HOU 1-13 @DET 68-36

先発はマッカラーズ対ヴァーランダー。
グリ、ベル、マリがベンチ。

4回まで毎回チャンスを作りながら得点できず。
マッカラーズが5回までに3失点、6回に2人走者を出したところで降板。
マスグローヴ、シップも打ち込まれ、8回にはホワイトが今季初登板。
9回にブレグマンの11号ソロで完封負けを阻止。

マッカラーズ5回95球8H4K4BB2HB5失点で7勝3敗。
マッカラーズ先発の日5連敗。すっかり勝てないイメージが定着してしまった。
先発補強できたらマッカラーズをクローザーに回すのも手かもしれない。

2017年7月30日 (日)

7/29 HOU 3-5 @DET 68-35

先発はマキュー対ボイド。
マック、青、白がベンチ。

初回、4番ガティスの11号2ランで先制。
4回、フィッシャーの三塁打で1点追加。
5回に1点返され、7回に2番手マルテスが追い付かれ、ディーヴォが勝ち越される。
ガティス3安打も、アルチューベは連続安打19試合でストップ。

マキュー6回82球4H7K1BB1失点。
テンポよくカーブが決まり、マキューらしいナイスピッチング。
マルテス3勝1敗。

2017年7月29日 (土)

7/28 HOU 6-5 @DET 68-34

スプリンガーが10日DL、カイコルが2ヶ月ぶりに復帰し、フェリーズが2Aへ。
先発はカイコル対ジマーマン。
ガティ、マリ、白がベンチ。

初回、三塁打のアルチューベをレディックが犠飛で返す。
その裏の満塁のピンチは切り抜けるが、2回に二死からカステラに逆転3ラン。
3回にレディックの犠飛で1点返すが、5回にカブレラのソロ。
6回にマーウィンの19号ソロで1点返すが、7回一死一塁からライト前ヒットを青木が二塁に返球する間に得点され3ー5。
8回にフィッシャー、アルチューベの連打から、レディックが10号逆転3ラン。
チーム11人目の2桁本塁打。スプコレ不在を感じさせない層の厚さ。
アルチューベ3安打で今月の打率驚異の.506

カイコル3回79球6H3K3BB3失点。
ピーコック4回64球3H4K1BB2失点で9勝1敗。
8回はディーヴォ、9回はジャイルズで22S。

2017年7月27日 (木)

7/26 HOU 0-9 @PHI 67-34

先発はファイアーズ対ノラ。
スプ、ブレ、ガティ、青、マリがベンチ。

初回、二塁打の先頭アルチューベを返せず。
4回に2ランで先制されると、フェリーズが5回と6回に2ラン。
0ー9で完封返しされる。

ファイアーズ4回102球5H7K3BB2HB3失点で7勝5敗。
こういう日もあるだろう。

1日休んで次はDETでカイコル、マキュー、マッカラーズという本来の三本柱。
この3試合で補強の方向が決まるのだろうか。

2017年7月26日 (水)

7/25 HOU 5-0 @PHI 67-33

フィッシャーが昇格し、ホイトが降格。
先発はモートン対ルーキーのニック・ピヴェッタ。
スプ、マック、ベル、マリ、白がベンチ。

3回に青木の犠飛で先制。
6回レディック、マーウィン、フィッシャーのタイムリーで4点追加。

モートン7回105球3H9K1BB2HBで8勝4敗。
シップ0.1回、マルテズ0.2回、ジャイルズ1回を2ヶ月ぶりの完封リレー。

今日はブレグマンが走塁時にハム痛で3回途中交代。
毎日一人ずつ消えていくけど、アルチューベだけは勘弁して。

7/24 HOU 13-4 @PHI 66-33

先発はピーコック対ヴェラスケス。
ガティ、マリ、青、白がベンチ。

2回にマッキャン13号ブレグマン10号ソロで2点先制。
3回マーウィンのタイムリーで1点。
4回アルチューベ、グリエル、ベルトランのタイムリーで5点。
5回途中出場のホワイト、アルチューベのタイムリーで2点。
7回内野ゴロと犠飛で2点、9回レディックのタイムリー。
3回にスプリンガーが左足を痛めて交代するが、アルチューベの4安打を筆頭に18安打13得点。

ピーコック3回55球2H4K2BB1失点。雨天中断のため早めに降板。
マスグローヴ3回38球2H3K無失点で5勝8敗。リリーフの方が気楽なのか。
シップ1回3失点、ホイト2回無失点。

2017年7月24日 (月)

7/23 HOU 7-9 @BAL 65-33

前日自打球を当てたモラーンは顔面骨折でDL入り、代わりにホワイトが今季初昇格。
打撃好調だっただけにツイてない。
先発はマッカラーズ対バンディ。
スプ、ベル、ホワがベンチ。

2回に四死球3つで3失点も、3回にアルチューベの15号3ランで同点。
5回までに3点勝ち越されるが、6回にまさかの青木2号3ランで同点。
さらにレディックの犠飛で勝ち越し。
7回にディーヴォがトランボに同点ソロを許し、8回にはグレが2点勝ち越される。

マッカラーズ4.2回89球9H3K2BB2HB6失点。
オールスターに選ばれてからすっかり勝てず、連勝ストッパーになってしまった。
グレガーソン2勝3敗。

2017年7月23日 (日)

7/22 HOU 8-4 @BAL 65-32

先発は今季初登板のマキュー対ティルマン。
マック、マー、青木がベンチ。
雨で1時間遅れてプレーボール。

5回ブレグマンの9号ソロで先制するが、その裏にAJとスコープに2ランを打たれマキュー降板。
6回グリエル13号2ランで1点差とし、二死一二塁でモラーンが自打球を顔面に当て、流血退場。
代打のマーウィンがファールで粘って9球目を片膝ついて18号逆転3ラン。
9回にガティスのタイムリーとベルトランの犠飛で2点追加。

マキュー4.2回77球4H4K2BB1HB4失点。
内容はともかく、とりあえず普通に投げれた事が大きい。
マルテズ2.1回0H2K1BB無失点で3勝。
グレガーソン、マスグローヴが1回ずつをパーフェクト。

2017年7月22日 (土)

7/21 HOU 8-7 @BAL 64-32

先発はファイアーズ対ヒメネス。
モラーンが9三スタメンでガティ、マリ、青木がベンチ。

初回にベルトランのタイムリーとグリエル12号2ランで3点先制。
2回にモラーンの三塁打と内野ゴロで2点追加。
6回マッキャン12号ソロとレディックのタイムリーで2点追加。
8回にモラーンのメジャー初ホームランで8ー1とするが、
その裏にフェリーズが1失点。9回にはホイトが2失点、一死一三塁として降板。
4番手ディーヴォがスクープに3ランを打たれ1点差。
最後の1人はジャイルズが三振に取りなんとか逃げ切り。

ファイアーズ7回105球6H9K1BB1失点で7勝4敗。
チームを連敗させないエース、頼りになるわー。
ジャイルズ21S。
モラーンまで打ち出すと、ますます青木がいらない子に、、、

より以前の記事一覧